一戸建てスケルトンリフォームの匠 創業大正8年の技術の集大成

ハウスメーカーで高いと思ったら

新築そっくりに戸建リフォーム.jpg

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決サイト

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決サイト
増改築.jpg

断熱遮熱塗料外壁塗装リフォームを激安価格で!

 外壁塗装リフォームの決定版!
安かろ悪かろじゃなくて・・・
高級機能性塗料をお値打ち価格で外壁塗装リフォームしたい!

激安価格で断熱遮熱塗料外壁塗装リフォーム
外壁塗装バナー.jpg

2006年11月22日

耐震補強工事〜基礎編〜

「既存建物の耐震補強工事」
 
過去、大地震と共に建築に関する法律が改正されてきました。
良くいわれるのが、1981年(昭和56年)の改正から新耐震という一線を引かれ、それ以前の建築された建物は阪神大震災でも大きな被害が報告されています。

その後、阪神大震災後の教訓より数多くの改正がされ現在に至ってます。
また建築基準法以外にも色々な法律が整備されてきているのが現状です。

ハイウィルでは数多くの改築(柱残しの改築)をしてきましたがその建物のほとんど
が新耐震以前に建てられた築30年以上の建物です。
具体的にどのような補強をしているのでしょうか?
補強工事について触れてみたいと思います。

まず現場調査にお伺いして診断させていただくわけですが、基礎について述べると

1:基礎の立上り部分のクラック(不同沈下が原因の場合が多い)
2:無筋(鉄筋が入っていない)の基礎コンクリート(ブロックの場合もあります)
3:建物の外周部のみ基礎がある。
4:基礎の立ち上がりが低く、土台が腐っている

 上記のようなケースが過去にかなり多いのが実情です。

こうなってしまっている場合、建て替えしてしまった方が安くあがるケースもあります
。しかし新築したくないとおっしゃるお客様がおられます。理由はさまざまです。
純粋にこの家に住み続けたいというお客様もおられれば、セットバックはしたくない、長屋で隣家と重なってしまっていて新築には出来ない。などいろいろなお客様が
おられました。

上記のケースのような場合、耐震補強工事に欠かせない構造計算も正確に出来ない
ので構造計算が出来る状況にのせることが必須事項となるわけです。
 
まずはひび割れ部分の補修方法です。
コンクリート基礎のひび割れの対処方法として、軽微なヘアークラックの場合、
エポキシ樹脂を充填して強固に固める方法で施工します。
またある程度大きなひび割れで、構造上影響のありそうなものは、エポキシ樹脂で固めた上にコンクリートを打ち増しします。
その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結することが重要です。

次に、無筋コンクリート基礎やブロック基礎の補強方法です。
上記のような基礎の場合、一体化されていないため水平方向の地震に非常に弱いといえます。まず、基礎を一体化する補強が必要です。
無筋コンクリート基礎とブロック基礎の場合、既存基礎に抱き合わせる形で外側に、コンクリート基礎を作ります。その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結し、新しい基礎と土台はアンカーでしっかり緊結することが必須です。

また弊社では、通常の簡易基礎であっても地震が来ても耐えられるベタ基礎を標準仕様としております。
 方法は、既存基礎にケミカルアンカーを200ミリピッチで千鳥状に打ち込み、そのケミカルアンカーに新設する基礎の立上りの鉄筋を差し込んで、新しく作るベタ基礎の鉄筋と一体化させて軟弱基礎を支える工法です。ベースコンクリート(耐圧盤)を打設後、立上りコンクリートを打設します。
火打@ 火打A
火打B

 
 
↓↓↓↓業界初地震補償付きの制震ダンパーの紹介です!↓↓↓↓
bnr_bamper.jpg

2006年11月22日

商品名は「匠」

もうまもなく発表できる木造改築商品の商品名が決定しました。

その名も「匠」!

ベタだなぁ〜と思いましたが、匠と呼ばれて恥ずかしくない工事を提供する自信が

あります。今回はあのアイジーコンサルティングさんと共同開発商品となります。

両社の優れているところを抜き取ったような商品の為、弊社としてもかなり気合が

入っております。

この商品をリフォームとは呼びたくありません。あくまで「改築」と呼ばせていただき

たい。そう思います。

仕様は、住まいの表装を施工するリフォームではなく、柱や梁など構造材のみを残し

あとはすべて解体する工事となります。

対象となるお客様は、新築かリフォームか真剣に悩まれておられるお客様。

新築したいけど、セットバックなどの条件がありリフォームという選択肢しか残されて

おられないお客様です。

ハイウィルの87年の木造ノウハウとアイジーコンサルティング107年のシロアリ

・耐震ノウハウの集大成となる商品です。

いつか商品化したいと思っていたことが、アイジーさんのご協力もあり仕様も完成し

つつあります!

2006年11月18日

超INAX祭!予約満員御礼です!

明日、弊社グループのライブウェーブ主催で開催される「超INAX祭」が

完全予約制50組様招待となっておりましたが、50枚の予約優待券もすべて

ご郵送され施工会社として、施主支給をバックアップする当社としても非常に

楽しみです!


今日は、久しぶりに親父を連れて現場調査にお伺いいたしました。

内容は、オール電化を含む増改築工事でした。親父を連れて行ったのは、増築の際

に抵触してしまう屋根の納め方を相談したかった為です。おかげで問題は解決でした。

ご選定されておられる設備機器(キッチン・バスルーム・洗面化粧台・トイレ便器

など)のグレードが高い商品でしたので施主支給システムをお勧め致しておりました。

金額的にもご納得いただけたようでうれしかったです。

通常、1500万を超える増改築のボリュームでしたが、同じ仕様で約1200万

まで下がりました。弊社は本格的な施工をしたいので、これだけ商品で下がると

そこからいろいろな提案ができます。

明日の超INAX祭にもご参加されるとの事で商品については、スペシャルプライス

が期待できそうです。

2006年11月17日

検索エンジン

ハイウィルは設立した際より、お客様の集客業務というものをチラシを使わず
に一貫してホームページを使った方法で行なっております。

チラシはチラシのやり方というものがありますが、インターネットにはインターネット
のやり方というものがあります。
ハイウィルはWeb人口の多い東京で営業活動をしておりますので、ホームページを
媒体とした方法は経費的にも効率が良いので、その分お客様へ利益として還元が
可能となります。

基本的にみなさんは検索エンジンというものを使うと思います。
その検索エンジンで検索するキーワードを打った際に、どれだけ上位に表示されて
いるかが重要となります。
web人口の多い東京では、キーワード戦略も激戦区です。

しかしこのたび

Yahooで「リフォーム 東京」で半月前くらいから1位に!

グーグルでは「リフォーム 東京」でなんとか5位。。

Yahooで「リノベーション 東京」でも1位に!

グーグルでは「リノベーション 東京」で5位!

アクセスも快調に伸びており、あとはホームページ自体をそろそろリニューアルしない
といけないかなと思っております。
(溜まっている施工事例がいっぱい・・・汗)

あとはそろそろ真剣にグーグル対策に取り組みます!!

2006年11月17日

Web2.0

昨日は船井総研の五十棲氏とシップ小松社長のセミナーに参加!

Web2.0を象徴する商品を拝見しました。

楽天とmixiを組み合わせたような、まさに時流に乗った仕組みだなぁ〜と

関心させられました。

その後、予定が入っていた為、懇親会には参加できませんでしたので、コアな

お話を聞く機会はなかったのですが、今後に注目だと思います。

2006年11月14日

伝統の系譜

 

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

 

弊社、株式会社ハイウィルは1919年に曽祖父が創業した瓦専門工事業いなば屋
[現在の加和楽建設株式会社]の流れを汲む会社です。
私自身も職人の中で育ち、幼少の頃の遊び場は、瓦の下小屋でした。
木工事に技術にこだわるのも原点はここにあります。
その歩みを辿っていきたいと思います。


創業者 初代

初代 稲葉市太郎    稲葉市太郎
初代 稲葉市太郎   石岡尋常小学校卒業式最前列左から2番目(明治41年3月)

初代創業者の稲葉市太郎が誕生した、明治26年5月5日ごろの時代背景(1893年)

明治維新により幕藩封建支配が終わり、大正・昭和時代へ続く近代的統一国家の形成・確立期。全般的に見れば、列強が民族国家として独立し、帝国主義の段階に入った大きな転換期であり、国内的には資本主義が成立し、立憲政治が開始され、列強に対しては条約改正によって国際的平等をかち得、諸同盟によって国際的連繋を結び、世界列強と比肩するまでに発展した時代です。ちなみに1893年は日清戦争が起こるまえの年です。

創業者市太郎は茨城県の石岡(現在は筑波学園都市あたり)で幼少から青年期を過ごしました。教育に熱心な家であったようです、甥に会計学では有名な黒澤清先生がいます。

曽祖父は明治41年に制定された学制の一番乗りで当時石岡でははじめての尋常高等小学校を卒業することになりました。しかし高等学校には進みませんでした。曽祖父は古代瓦に異常なほどの興味をもたれたそうで、奈良・京都にはよく出かけたそうです。18歳のとき単身東京に赴き、宮大工の紹介で社寺瓦職人のところへ住み込んで修行したそうです。
1919年稲葉瓦店として瓦専門工事業を創業。社寺の屋根工事を中心に営業を開始
しました。

曽祖父がよく言っていたことがあると祖父から聞いたことがあります。
この世の中のものは全て不完全だから、安定と調和を常に目指さなければいけない、それが進歩するということだと。「昨日よりは今日、今日よりは明日、ましな人間になること」すばらしい教えだと今頃になって気がついております。

全てのもが不完全、確かに森羅万象停止しているものは何もない、まして人間に至っては不完全そのものです。ボールが転がって安定を求めるように、どこまでも転がり続ける、その転がり続けるそのことが進歩なのではないかと。目の前の問題を一つ一つ解決していくことこそが進歩していくことだ。
曽祖父は瓦葺師というよりは今で言うアーティストに近かったのではないかと思います。瓦の持つ造形美のとりこだったようです。

板橋建築業組合
終戦後まもなくの板橋区建築業組合発足記念写真・・・昭和22年11月9日


40周年式典
昭和34年・・・稲葉瓦店の創立40周年記念式典



二代目
稲葉輝男    稲葉輝男3
二代目 稲葉輝男

私の祖父である稲葉輝男が誕生した、大正10年1月1日ごろの時代背景(1921年)

明治以来の幕藩支配体制が揺らいで、政党勢力が進出した。
いわゆる大正デモクラシーです。爵位を持たない平民宰相原敬が内閣を組織した。
しかし期待されたほどの改革もしないままに終わり、大正10年に東京駅頭で暗殺される。大正12年には首都を壊滅的なまでにしたあの関東大震災が起こりました。
未曾有の大災害に東京は大きな損害を受けるが後藤新平が辣腕を振るって。
震災での壊滅を機会に江戸時代以来の東京の街を大幅に改良し、道路拡張や区画整理などを行いインフラが整備され大変革を遂げた。震災復興であった。

祖父はこのような大正期を過ぎて昭和12年日中戦争開戦の年に高校を卒業し曽祖父の下で働くことになりました。
18歳という年は多感な年でもありいろいろなものに興味をもったそうです。その中でも特に吉川英治の作品は寸暇を惜しまず読み耽ったそうです。それが後々の人生に大きな影響を与えることになりました。

稲葉輝男学生時代
学生時代から神社仏閣の建築美に魅せられる・・昭和15年

23歳の時、昭和17年12月に召集令状が届くまでの5年間、昼間は祖父と仕事し夜は町の青年団のリーダーとして満州建国のことや治安維持法のことについて大いに議論をしたそうです。

昭和18年から2年半海軍に入り終戦をむかえるまで命を擲って米軍と戦いました。そのときかたときもはなさず持っていたのが「歎異抄」だったそうです。吉川英治の親鸞の影響を受けたのでしょう。

海軍出征1 海軍出征2 海軍出征3
左:創業者市太郎との最後の別れ 中央:辻堂演習の帰途鎌倉大仏で撮影(後列右から4番目)右:妻との別れ

終戦後曽祖父(当時55歳)は第一線から退き地域の建築組合設立や古代瓦の研究に力を注がれました。

祖父は敗戦後の荒廃した都市と人心に明るい息吹を吹き込むべく、衣食住の住の部分に都市の片隅である地域から復興を叫び、若干27歳で瓦友会を結成し後に全国地域の瓦組合の礎を築いたそうです。
瓦友会  瓦友会2
左:瓦友会発足式(中央右が二代目)・・昭和27年 右:瓦友会社寺仏閣見学

また祖父は瓦職人として曽祖父ゆずりで神社仏閣の瓦葺きに興味をいだき廃寺になりそうな屋根を見ては無償で修理をしたそうです。親鸞の教えである利他行に専念したのでしょうか、お金がなくて雨漏りで困っている人を見ては、率先して修理をしてあげ、あるとき払いの催促なしです。そのような祖父を持った私は幸せであり尊敬しております。
祖父半纏
昔は屋号が入っている半纏を着て作業しました。紺色の半纏をまとうことが縁起担ぎでもありました。・・・昭和24年

建て舞       総檜
昭和24年の建舞風景:(左)当時は建舞というと棟木のてっぺんに角樽を乗せました。
             (右)木の不足している戦後まもない時代に総檜の平屋造を施工

昭和42年現場風景
当時は2段はしごも機械もなく1階と2階にはしごを分けて架けていました。



昭和44年のことでした。祖父の念願であった宮造り屋根の本格的な建造物(菊池邸)の新築を施工しました。この工事は3年に及ぶ長期なものとなりました。
現在、こちらの建造物は埼玉県に移譲されており、年に1度開放されております。
その際には多くの外国人が見学に訪れております。
その施工風景が会社の金庫に保管されておりましたので掲載いたします。

丸太足場組     スタッフ
(左)丸太足場組・・当時としてはいち早く機械はしごを採用して施工に取り組んでいます。荒木田土は右下の一輪車で屋根まで運ばれました。
(右)当時のスタッフです。中央が二代目の祖父で左が3代目を継いでいた叔父です。

瓦組立作業  
祖父の瓦組立作業です。(切隅瓦の組立細工・・高度な施工技術が要求されます。)



入母屋 東殿大棟 門 
(左)入母屋のみのこ破風刃根丸、化粧棟、隅棟の取り合い写真(現在はこのように葺ける職人が少なくなってきています)
(中央)東殿大棟(京丸伏間瓦)大棟十一辺積(箱心立施す)
(右)本葺瓦葺・・本葺とは平瓦と重ね葺きしその重ねに須丸を葺くことをいいます。

西殿千鳥破風 東殿化粧棟より 千鳥破風
(左)西殿千鳥破風(ニノ平本葺瓦。片切りは袖丸瓦使用。)
(中央)東殿化粧棟より大棟を望む
(左)東棟より千鳥破風を望む・・角棟(切隅瓦・経ノ巻一文字瓦)使用

佐々木大工
この現場で運命的な出会いがありました。
祖父が佐々木宮大工の技術に感銘を受け師事。
10年後に木工事集団として建設業者となるまでの礎となります。

菊池邸1 菊池邸2 菊池邸3

菊池邸5 菊池邸6 感謝状授与風景



三代目
叔父は大学卒業と同時に祖父の片腕として職人の世界に入りました。
はじめは母校の社会科の教員として従事しようと思っていたのですが、大学でサッカーをしていたほどの体育会系でしたので、職人を束ねた世界に身をおいてどこまで自分のリーダーシップを発揮できるか試したかったのでしょう。また叔父は非常に正義感が強く有り余る精力を地域のボランティア活動に向けるようになりました。
仕事が終わるとすぐに叔父が結成した社会福祉団体に多くの青年を集め、町の発展や地域の活性化に心血を注いでいました。
いつしか多くの人から信頼を集め、大きなパワーとなり政治の道へ進むことになりました。
36歳という若さで区議会議員に初当選をして、49歳で都議会議員になりました。
叔父が政治の道へ進んだため、叔父の弟であった私の父が祖父の後を継ぐ決心をしたそうです。26歳のときです。
稲葉悟
3代目 稲葉悟

それまで私の父はトヨタ自動車の営業マンをしておりました。
トヨタから教えていただいた営業の鉄則「条件セールスにならず、人間セールスになれ」これを守って営業することは大変な努力を強いられたそうです。
父は「人間セールス」の信念を持って営業をした結果トップセールスの称号を2度経験しております。

そのような自信をもって後を継ぐ決心をした父でしたが、祖父の頑固なまでの職人気質はその時代の父にはなかなか理解できにくくなってきていたと聞いております。

そこで父のとった行動は職人にならないで営業活動をさせてくださいと言うことでした。

祖父は快く認めてくれたそうです。
「お前の選んだ方法で試してみるがいい、結果はどうであれ一生懸命自分の道に精進してみろ」と言われたときは嬉しかった反面、責任の重さを感じたといいます。

昭和26年倉庫1   倉庫風景2
昭和26年当時の父が生まれた頃の社屋(作業場)

父が会社に入り、しばらくして会社は大きく変わりました。転換期を迎えます。
昭和57年、父が31歳のときに今までの瓦専門工事店から建築総合請負業に事業を
拡大いたしました。そして二代目の祖父は65歳で現役を退きました。
社名を「加和楽建設株式会社」と改め新築工事を専門にスタートを切りました。
改組後初めての新築工事は私も良く知っている父の先輩のお宅でした。
父はこの先輩には足を向けて寝ることはできないといつも言っておりました。
それもそうでしょう。父が新築の右も左もわからない時に、「俺の家でしっかり木造住宅のノウハウを覚えておけよ!」と言ってくれたそうです。
父はこのような先輩をもてた幸せと利他行を実践している先輩に心から感謝しておりました。その工事を皮切りに親戚・友人・知人と新築工事を本格的に施工していくこととなりました。



四代目
稲葉高志

私、稲葉高志が四代目となります。
幼少の頃より、たくさんの職人に囲まれて育っていたので、この世界に入ることはごく自然な流れだったように思います。

中学の頃から休みとなれば、仕事を手伝うようになりました。当時は祖父が現役でしたので材木を運んだり、屋根に登っていろいろ教えてもらったり、時にはこっぴどく叱られたりと祖父からは、仕事に対する誇りと面白さを教えてもらったように思います。
いつかは祖父のようになりたいなぁと、子供ながらに惹かれていきました。

大学中退後、大手のディベロッパーでの不動産販売を経験後、私は父の経営する工務店に就職することになりました。入社した頃には、祖父は現役を退き父が経営が経営する総合建設業となっておりました。

文殊院3     文殊院
文殊院2     文殊院4
↑入社して初めて管理させていただいたのが板橋区にある文殊院でした。
 難易度がかなり高く職人さんに怒られながらやっていたのをよく覚えております。

祖父は職人タイプの人間でしたが、父は経営者でした。
大工の専門学校に通いながら、不動産、新築、そしてリフォームとさまざまな仕事を経験させてもらいました。
やはりそれぞれの仕事に難しさや面白さがあり、同じ住宅関連の仕事であっても考え方やノウハウがずいぶん違うんだなぁと実感しました。
中でも私がもっとも面白いと感じた仕事はリフォームでした。

入社当時   入社当時2
↑加和楽建設入社当時・・(左)二代目の祖父に縄の縛り方から習いました。

リフォームの仕事は、お客様の現在の住まいを改修することで、新しいライフスタイルを実現するのが仕事です。現在のお住まいの構造を考えて、残すところと変えるところをプランニングしていきます。さらにお客様は引越しすることなく、住みながら工事を進めていかねばならないことも数多くあります。
お客様の要望を引き出すコミュニケーション能力、理想の住まいをつくりだすプランニング能力、円滑に工事を進めていく管理能力のすべてが求められます。
その難しさを感じる一方で、そのやりがいに私は引き込まれていったのです。

現場管理時代
↑広尾マンションスケルトンリフォームにて

リフォームの仕事の面白さとやりがいに取り付かれていく一方で、困った問題が出てきました。父の工務店では、リフォーム以外にも新築の仕事もあれば、公共工事、下請けの仕事もし<ています。
同じ住宅関連の仕事ではあるのですが、仕事の進め方、原価率、収益構造、対象となるお客様、期待される要望など、それらは全く別です。
私はリフォームをもっと積極的にやっていきたい、でも会社の方針は違う…
そんなジレンマを感じるようになっていったのです。
工務店のリフォーム事業部としてできることには限界がありました。
お客様により良いサービスを提供し、ご期待に応えていくためには独立するしかない!>

父とは何度も話し合いました。
援助なし、仕事や取引先などの紹介も一切なしという条件で、私は自己資金だけで自分のやりたいリフォームの仕事をするために独立したのです。
私は2001年、ついにリフォーム店として独立しました。
とはいうものの、お金がなかったので借りた事務所はバラックというか、馬小屋みたいなところでした。(東京にもそんな物件があったのです。笑)
お客様ゼロの状態からの創業ですので、まずはお客様さがしから始めなければなりません。チラシを印刷するための印刷代も、新聞に同封してもらうためのオリコミ代もありませんでした。手書きで原稿を書いて、輪転機を使ってチラシを作りました。(いわゆるガリ版印刷です)そして、昼間は打ち合わせや施工管理の仕事がありましたので、夜中に1人で作業着姿で一軒一軒ポスティングをして回りました。
不審者に勘違いされて怒られたり、犬に吠えられたり、今となってはいい思い出ですが、当時は必死でお客様探しをしていました。
その結果、少しずつですがお仕事をいただけるようになっていったのです。

少しずつ仕事がいただけるようになってくる中で、とても記憶に残っている仕事があります。Wさんのお宅の全面改築の仕事です。
Wさんは、大手のリフォーム店さんとも相見積をされていらっしゃいました。
大手のパソコンで出力したきれいなプランに対し、当時の私が用意した提案書は、方眼紙に鉛筆で手書きした平面図とパース。さらに、創業して間もない私のような小規模のリフォーム店となれば、結果は見えているような気もします。
しかし、私の情熱を買っていただくことができました。

私の人柄を信じてご契約いただくことができたのです。
しかし、それからが正念場です。
それまでいろいろな仕事を経験し自信もありましたが、部下が一人もいない状況での打ち合わせ業務、プランニング業務、受発注を含めた施工管理業務はあまりに過酷を極めました。過労で倒れ救急車に運ばれたことも何回かありました。

また同時にたくさんのお客様を担当していた為、必然的に段取りが悪くなり、スケジュールが狂ってしまったり、最悪の事態で住まいの電気がストップして真冬に暖房が使えなくなり、自宅のストーブをお客様のお宅に持っていき、毛布に包まって寝ていたこともありました。今では考えられないようなトラブルです。

そんな際、連日お伺いして、対処させていただいた記憶があります。
さまざまなトラブルはありましたが、ついに工事が終わり引渡しの日がやってきました。Wさんにとっても私にとっても、やっと終わった!という感じだったのですが、苦労が多かった分、その感動も大きなものでした。
工事が終わったあとにWさまからいただいた手紙を読んで、思わず涙してしまいました。いろいろご迷惑をおかけしたけど、喜んでいただけて本当によかった!
これからも喜んでいただける住まいづくりをしていくぞ!そう心に誓いました。

ちなみに今でもWさまとはお付き合いいただき、「塩辛つくったから食べにおいで」とか「中国のお土産があるから…」とお声掛けいただいております。
つい先日もWさまのお母様が高齢でW様のお宅に引っ越してこられるので素敵なお部屋に改装して!デザインは稲葉さんにお任せするわ!といっていただき施工させていただいたばかりです。そんな縁ができるのもリフォームの仕事の面白さかもしれません。
W様邸
↑お母様のお部屋のリフォームも。

ハイウィルでは、デザイン性の高い工事のご依頼が増えるとともに、戸建住宅の改築でも難易度の高い木工事の技術を要求される工事のご依頼が増えてきておりました。
当社の職人も優秀な職人が非常に多いのですが、デザインに特化した表装的な施工技術だけでは、対応が難しい構造を熟知する優秀な棟梁の必要性が出て参りました。
デザインリフォーム
↑デザインを強調する工事は紹介を中心に増え続けていきました。

そこで、優秀な匠集団を抱える父の工務店(加和楽建設株式会社)に相談を致しました。父は技術提携に快諾してくれました。
デザインと伝統工法を武器に、本当の住まいづくりができるようになりました。
父の工務店にいるのは、私を育ててくださった職人さんばかりです。

木造改築  木造改築2
↑(左)台東区M様の柱残しの改築工事
 (右)豊島区目白Y様の柱残しの改築工事

しかし悩みはつきません。
ハイウィルでのリフォームをメインとした営業を日々している傍らで、いつも疑問に感じることがありました。
どうして、こんなに住宅業界は不透明でわかりにくい業界なのか!と。

日本は他の先進国と比較しても流通体系が非常に複雑で製造者から一般の施主へ商品が渡るのに何社もの中間業者が入りマージン
を取るという体系となっています。


      【製造メーカー】
          ↓
     【販売代理店(商社)】
          ↓
    【地域有力販売店(一次問屋)】
          ↓
      【地域販売店(二次問屋)】
          ↓
       【工務店・リフォーム店】
          ↓
         【施主】

という流れが一般的です。
不透明でわかりにくい、建築業界の現状がこれです。

車を購入する場合、トヨタや日産などのショールームへ行き、メーカーから当たり前に商品を購入するのに、この業界だけは違う!
ハイウィルはこの流通体系を打破すべく、とりわけ住まいを構成する建材の中でも金額的なウェイトの高い住宅設備機器の流通を変えよう!
という目的で住設販売部を設置しました。そして業界でも先がけて「施主支給」というシステムを採用採用しました。
いくつもの商社に相談し、最初は門前払いでだった交渉も情熱が伝わりお取引していただける商社が出来てきました。
これにより住まいに関わる商材に関してマージンがよりかからない形でご提案が可能となったわけです。
この体制を取りいれている施工会社は、現在もまだ少ないと言えるでしょう。

その後、リフォーム事業と住設販売事業を行なう会社として、2003年5月に個人事業から念願の法人組織へ改組。
2004年3月に板橋区前野町に事務所を移転しました。
より多くの方に「施主支給」という手法を知っていただきたいという強い思いと共感していただける方のバックアップもあり
「施主支給」というシステムを本格的に体系化しよう、そして流通を変えよう!という有志が集い、
2004年10月、株式会社ライブウェーブを設立。株式会社ハイウィルより住設販売業務を移管しました。
これが現在のライブウェーブです。

限りなく経費を抑えた形が理想であったため、インターネットを媒体として営業を本格化。
確かに経費は今までのようにかからないモデルでした。
しかしインターネットならではの弊害もありました。
インターネットという顔の見えない相手に高額なキッチンやバス(お風呂)を購入するだろうか。
少なくとも私は不安だと思ったのです。顔が見える実店舗が必要だと!

そこで2005年11月には、デザインリフォームと施主支給の相談にお気軽にご来場いただけるサロン『Doux Studio』を株式会社ハイウィルと共同で東京都練馬区大泉学園町にオープン。

スタジオ
↑ドゥ・スタジオ

私は“住まいづくりは、生き方づくり”をモットーにしています。
物理的なモノとしての家ではなく、家族みんなが生活する場としての住まいをご提供していきたいのです。そのために必要なのは、どんどん出店して多店舗化していくことでも、単純に売上を伸ばしていくことでもありません。お客様の要望をお聞きして住まいづくりがご提案できるスタッフ、すなわち人づくりが私の仕事だと考えています。

曽祖父から祖父へ、祖父から父へ、そして父から私へ言い伝えられてきた言葉があります。「忘己利他」という言葉です。
自分の利益を考えず、お客様の利益に徹することが最終的には自分の生きがいに通じるということ。生きているという実感がそこにあるんだ。と教えられてきました。
逆に考えれば、お客様に対する姿勢が自分の人生の成長の糧なのだと思います。

これからも自然体でお客様に接していける会社を目指して従業員と共に日夜研鑽していきたいと思います

2006年11月08日

京都へ

今日は、大阪のリフォーム会社「システムユニオン社」の舘本社長よりお誘いを
では
受け、京都&大阪へ!

リノベーションにかなり注力されておられる会社ですので、よい情報交換ができれば

と思います。「鶏と鯨はどっちが好き?」と言われ「う〜ん鶏ですかね〜」と言って

食い物にまたまたつられてしまいましたが・・

有意義な時間が過ごせそうです。では行ってきます!

2006年11月02日

これぞ!デザインリフォーム

カーポート&外装をメインとしたリフォーム工事が竣工しました。


渋谷現場2

施工前の既存の状態

そして↓↓↓

渋谷現場施工後 渋谷現場施工後2

施工後(After)です。

お施主様が建築デザイナーということで、弊社デザイナーの八田とも意気投合し
非常にデザイン性の高い工事となりました。

こんなカーポート欲しいです。
この記事をツイッターにReTweetする

水周りリフォーム館人気メニュー

メーカー交渉万全で激安卸売価格が実現!
5年間の商品延長保証サービスと
5年間の24時間365日緊急出動サービス!
水まわりリフォームが得意な優良会社110社で
全国対応する水周りリフォーム館!!


水周りリフォームを安心価格で良質施工なら

水周りリフォーム 費用が明確な水周りリフォーム館
住まいのことならなんでもお任せ 水周りリフォーム館

 
 
キッチンリフォーム安心価格で良質施工なら


 クリナップ中高級グレードで大人気のクリンレディ
が全国激安最安値更新中!

クリナップクリンレディキッチンリフォーム.jpg


Panasonicの人気システムキッチンラクシーナ
日本最安値でキッチンリフォームなら

浴室リフォーム 金額
パナソニックのリビングステーションでキッチンリフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
トクラス(旧ヤマハ)の人気システムキッチン「ベリー」の
ピアノ塗装技術が盛り込まれたあの「手塗りグレード」
水周りリフォーム館で日本最安値でキッチンリフォーム

浴室リフォーム 金額
ヤマハのベリーでキッチンリフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
一戸建て浴室リフォームの決定版!
リクシルのアライズを日本最安値で更新中!

浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
 マンション浴室リフォームの高級グレードなら

新築マンションに採用される「ソレオ」を日本最安の激安価格で!

浴室リフォーム 金額
INAX・LIXILのソレオで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
マンションリフォームの定番!
浴室リフォーム 金額
INAX・LIXILのリノビオで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ
 
Panasonicの大人気バスルーム!
オフローラが日本最安の激安価格で浴室リフォーム!

浴室リフォーム 金額
パナソニックのココチーノで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
 
トイレリフォーム安心価格で良質施工なら

パナソニック アラウーノでトイレリフォーム!便器交換工事も安心対応OK

パナソニック アラウーノでトイレリフォーム!便器交換工事も安心対応OK


一戸建ての水周りまるごとリフォームの安心価格で良質施工なら

戸建水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット

戸建水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格・費用が明確!

 




マンションの水周りまるごとリフォームの安心価格で良質施工なら

マンション水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格も明確で安心の地元密着工事店

マンション水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格・費用が明確!

 
 
戸建で取り換え時期に差し掛かる10年以上経った家の人で、浴室のリフォームを検討しようかと思っている人必見
LIXIL(INAX)ユニットバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格でリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格でリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg

外壁塗装を良質施工で安価でしたい!
ハイウィルが改築で搭載している業界初地震補償付きの制震工法です!

↓↓↓↓ハイウィルの改築で搭載している業界初地震補償付きの制震ダンパーです!↓↓↓↓

耐震補強工事より激安価格で制震工法_R.jpg
 

1石5鳥の最強エコ断熱材「セルロースファイバー」特設サイトはこちら

1石5鳥の最強エコ断熱材「セルロースファイバー」
セルロースファイバー 断熱材 最強の一石五鳥