一戸建てスケルトンリフォームの匠 創業大正8年の技術の集大成

ハウスメーカーで高いと思ったら

新築そっくりに戸建リフォーム.jpg

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決サイト

一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決サイト
増改築.jpg

断熱遮熱塗料外壁塗装リフォームを激安価格で!

 外壁塗装リフォームの決定版!
安かろ悪かろじゃなくて・・・
高級機能性塗料をお値打ち価格で外壁塗装リフォームしたい!

激安価格で断熱遮熱塗料外壁塗装リフォーム
外壁塗装バナー.jpg

2011年06月13日

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その7)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その7)



創業大正8年のハイウィルでは、年間を通じ、常に順番待ちになっている工事があります。

その最も多い工事のご依頼の一つが、リフォーム一戸建ての全面工事です。


リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻』では、

一戸建てリフォームを検討している皆さんに、

ご予算の中で理想としている工事をどのように実現していくか?

価格費用をどう捉えれば良いのか?

どのような業者に依頼すべきか?についてお話します。


リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その6)』で、


木造リフォームならではの盲点ともなる断熱のお話しをしました。

どうしても、目に見えるイメージできるところに興味が行きがちになってしまいますが、

断熱を外してリフォームを考えるのは、

非常に危険だということを具体的にお話させていただきました。


リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その7)

』では、


断熱よりは、東北大震災以降はかなり心配されるお客様が多く、

たくさんのアドバイスを実際にさせていただいております、

一戸建てリフォームの耐震補強についてお話させていただきます。


過去、大地震と共に我が国では建築に関する法律が改正されてきました。

良くいわれるのが、1981年(昭和56年)の改正から新耐震という一線を引かれ、

それ以前の建築された建物は阪神大震災でも大きな被害が報告されています。

その後、阪神大震災後の教訓より数多くの改正がされ現在に至ってます。

また建築基準法以外にも色々な法律が整備されてきているのが現状です。

今回発生した東北の震災でまた法律が見直されることになるはずです。


ハイウィルでは数多くの改築(柱残しの改築)をしてきましたが、

その建物のほとんどが新耐震以前に建てられた築30年以上の建物です。

具体的にどのような工事をしているのでしょうか?


まず現場調査にお伺いして診断させていただくわけですが、

もっとも大事な基礎について述べると

1:基礎の立上り部分のクラック(不同沈下が原因の場合が多い)
2:無筋(鉄筋が入っていない)の基礎コンクリート(ブロックの場合もあります)
3:建物の外周部のみ基礎がある。
4:基礎の立ち上がりが低く、土台が腐っている

上記のようなケースが過去にかなり多いのが実情です。

こうなってしまっている場合、建て替えしてしまった方が安くあがるケースもあります


。しかし新築したくないとおっしゃるお客様がおられます。理由はさまざまです。

純粋にこの家に住み続けたいというお客様もおられれば、セットバックはしたくない、

長屋で隣家と重なってしまっていて新築には出来ない。などいろいろなお客様が

おられました。

上記のケースのような場合、耐震補強工事に欠かせない構造計算も正確に出来ない

ので構造計算が出来る状況にのせることが必須事項となるわけです。

まずはひび割れ部分の補修方法です。

コンクリート基礎のひび割れの対処方法として、軽微なヘアークラックの場合、

エポキシ樹脂を充填して強固に固める方法で施工します。

またある程度大きなひび割れで、構造上影響のありそうなものは、

エポキシ樹脂で固めた上にコンクリートを打ち増しします。

その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結することが重要です。


次に、無筋コンクリート基礎やブロック基礎の補強方法です。

上記のような基礎の場合、一体化されていないため水平方向の地震に非常に弱いといえます。ま

ず、基礎を一体化する補強が必要です。

無筋コンクリート基礎とブロック基礎の場合、既存基礎に抱き合わせる形で外側に、

コンクリート基礎を作ります。

その際既存の基礎にはケミカルアンカーを打ち込み、しっかりと鉄筋で緊結し、

新しい基礎と土台はアンカーでしっかり緊結することが必須です。

また弊社では、通常の簡易基礎であっても地震が来ても耐えられるベタ基礎を

標準仕様としております。

方法は、既存基礎にケミカルアンカーを200ミリピッチで千鳥状に打ち込み、

そのケミカルアンカーに新設する基礎の立上りの鉄筋を差し込んで、

新しく作るベタ基礎の鉄筋と一体化させて軟弱基礎を支える工法です。

ベースコンクリート(耐圧盤)を打設後、立上りコンクリートを打設します。
火打@ 火打A
火打B  

また木造ならではの間取り変更に伴う柱の抜き取りには、

細心の注意を払わなければなりません。

柱を抜く場合、飛ばすスパンによっては、木の梁ではなく、

鉄梁を使用し補強することも非常に多いです。


↓はハイウィルでの施工現場
鉄梁補強.jpg

柱を2本抜くため、2間を越えてしまいます。
(ここは対面キッチンを入れる予定)


このような場合に、鉄梁補強をします。

現況により鉄梁を支える鉄柱を立てるケースもございます。


このようなといっても難易度の高い工事については、

木造の知識と経験の豊富な会社に相談をすることをお勧めします。

そもそも、これらの補強もすべて地震対策が根底として耐震といわれるわけですが、

考え方もさまざまです。

耐震の考え方とは、耐震補強という言葉があるように、耐震は地震力を力と捉えて、

建物を固くすることで対抗するという考え方です。住宅に入ってくる地震の力が

大きくなってくると、耐震の固くするという考えだけでは損傷を蓄積しながら対抗するように

なります。

具体的にお話しすると、接合部分や筋交い合板などが損傷してしまいます。

合板なら、止めてつけているクギ穴一つ一つがゆるんできますが、

一度緩んだクグ穴はもとには戻りません。

緩んだクギ穴は力を発揮しないので、次々に別の釘穴が緩むことになり、

このようにして損傷を蓄積してしまします。

もうおわかりですね。

従来型の耐震対策とされてきたガチガチに固めてしまう補強は、

必要箇所への補強は必須になりますが、

これだけでは不十分であるということです。

現在では免震のように建物全体が地震力を吸収してしまうものなどもありますが、

リフォームで対応するには費用がかかりすぎます。

ハイウィルでは、リフォーム対策でさまざな補強をお手伝いしてまいりましたが、

木造の柔軟性を活かした「制震」という考え方が、費用対効果を考え今後主流になるのでは

ないかと考えております。

「制震」とは、地震力を地震動エネルギーと捉えた場合、エネルギーを吸収して減らすことを

考えるものです。

地震の際、建物が受ける地震動エネルギーを減衰によって多く消費した場合には、

被害を軽減できるという考え方です。

躯体のエネルギーが最もかかる部位に、制震ダンパーを設置する方法です。

耐震については各自治体、各市町村によって助成の対象になるものもありますので、

現在お住まいの地域が対象になっているのかも確認すると良いでしょう。

制震ダンパーについてはこちらで説明しておりますので、
以下を是非参照してみてください。
>>> 耐震補強工事費用の検証


以下に一戸建てリフォームをする前に読んでいただきたい内容をまとめております。

木造リフォーム・改築を予定されている方は是非読んでみてください。

 

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その1)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その2)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その3)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その4)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その5)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その6)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その7)

リフォーム一戸建ての費用価格で損をしない虎の巻(その8)




→      一戸建てリフォーム費用価格の注意点@

→      一戸建てリフォーム費用価格の注意点A

→      一戸建てリフォーム費用価格の注意点B

→     一戸建てリフォーム費用価格の注意点C

→     一戸建てリフォーム費用価格の注意点D


→     一戸建てリフォーム費用価格の注意点E


ハイウィルには戸建て改装と改築それぞれ2つのメニューを用意しております。
ご要望に応じてお気軽にご相談いただければと思います。

弊社の改装商品の
一戸建てリフォーム『戸建まるっと!リフォーム』

一戸建てリフォーム.jpg

弊社ハイウィルの戸建増改築商品
新築そっくりにリフォーム

新築そっくりに戸建リフォーム.jpg
一戸建てリフォーム(増改築専門)のお悩み解決特設サイト
増改築.jpg

↓↓↓↓ハイウィルの改築で搭載している業界初地震補償付きの制震ダンパーです!↓↓↓↓

耐震補強工事より安く制震工法.jpg



この記事をツイッターにReTweetする

水周りリフォーム館人気メニュー

メーカー交渉万全で激安卸売価格が実現!
5年間の商品延長保証サービスと
5年間の24時間365日緊急出動サービス!
水まわりリフォームが得意な優良会社110社で
全国対応する水周りリフォーム館!!


水周りリフォームを安心価格で良質施工なら

水周りリフォーム 費用が明確な水周りリフォーム館
住まいのことならなんでもお任せ 水周りリフォーム館

 
 
キッチンリフォーム安心価格で良質施工なら


 クリナップ中高級グレードで大人気のクリンレディ
が全国激安最安値更新中!

クリナップクリンレディキッチンリフォーム.jpg


Panasonicの人気システムキッチンラクシーナ
日本最安値でキッチンリフォームなら

浴室リフォーム 金額
パナソニックのリビングステーションでキッチンリフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
トクラス(旧ヤマハ)の人気システムキッチン「ベリー」の
ピアノ塗装技術が盛り込まれたあの「手塗りグレード」
水周りリフォーム館で日本最安値でキッチンリフォーム

浴室リフォーム 金額
ヤマハのベリーでキッチンリフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
一戸建て浴室リフォームの決定版!
リクシルのアライズを日本最安値で更新中!

浴室リフォーム 金額
LIXIL(リクシル)のアライズで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
 マンション浴室リフォームの高級グレードなら

新築マンションに採用される「ソレオ」を日本最安の激安価格で!

浴室リフォーム 金額
INAX・LIXILのソレオで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
マンションリフォームの定番!
浴室リフォーム 金額
INAX・LIXILのリノビオで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ
 
Panasonicの大人気バスルーム!
オフローラが日本最安の激安価格で浴室リフォーム!

浴室リフォーム 金額
パナソニックのココチーノで浴室リフォーム 金額・価格を比較するならこちらへ

 
 
トイレリフォーム安心価格で良質施工なら

パナソニック アラウーノでトイレリフォーム!便器交換工事も安心対応OK

パナソニック アラウーノでトイレリフォーム!便器交換工事も安心対応OK


一戸建ての水周りまるごとリフォームの安心価格で良質施工なら

戸建水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット

戸建水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格・費用が明確!

 




マンションの水周りまるごとリフォームの安心価格で良質施工なら

マンション水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格も明確で安心の地元密着工事店

マンション水周りリフォーム キッチン・浴室・洗面台・トイレの4点セット!価格・費用が明確!

 
 
戸建で取り換え時期に差し掛かる10年以上経った家の人で、浴室のリフォームを検討しようかと思っている人必見
LIXIL(INAX)ユニットバス「キレイユ」シリーズを激安浴室リフォーム

は水周りリフォーム館

人気ユニットバスを激安・格安価格でリフォームしたい!
人気ユニットバスを激安・格安価格でリフォームしたい!
590x210_kireiyu.jpg

外壁塗装を良質施工で安価でしたい!
ハイウィルが改築で搭載している業界初地震補償付きの制震工法です!

↓↓↓↓ハイウィルの改築で搭載している業界初地震補償付きの制震ダンパーです!↓↓↓↓

耐震補強工事より激安価格で制震工法_R.jpg
 

1石5鳥の最強エコ断熱材「セルロースファイバー」特設サイトはこちら

1石5鳥の最強エコ断熱材「セルロースファイバー」
セルロースファイバー 断熱材 最強の一石五鳥